« 女の子バトン | トップページ | たとえるならば »

2006年7月24日 (月)

21-13 「ピノコ日本に帰れ!」

結局先生がピノコへの愛を確認するためだけのお話じゃないすか!!

ウィンクつきで!!

静止画で!!

感情が入交過ぎて手に力が入らないので 詳しい感想はまたあとでorz ゼエゼエ(´Д`;)


追記(あんまり変わり映えしない感想ですが)

ぺのこ日本に帰れ!とかいうのは全然アレで
ほんとに先日申したとおり

「ピノコが日本に帰りたいって騒ぐうえに写楽に逢いたいとかぬかした挙句抱きつきやがったのでしょうがないからかえそうかなって思ったらピノコが泣いちゃって心も荒む中こっちはピノコの安全とか気持ちとか考えてるのに俺だけこんなに愛しちゃってんのになんだそのたいど俺馬鹿みたいじゃねえかいいよもう帰っちまえ!ってやけくそになってて手術もなんだかしょんぼりでそしたらピノコがなんだかいいこといってやる気でちゃってピノコへの愛がこのままじゃよからぬ方向に暴走しそうだからわざわざあのくそしyr(略)の前でばればれの嘘を言ってひきとめたら思わず何回も愛のキッスがもらえてうれしすぎて避ける振りして甘んじてそれを受け止めた黒男さんとぴのこの夫婦の絆を描いた物語

ですよね(長いよ!)

わたしたちをサブタイトルであんなにがっかりさせておいて
ここまでがっつり持ってきた話はコレが初めてじゃないでしょうか。

原作「ピノコ愛してる!」には程遠い内容でしたが
題名の下に「愛してる」ってテロップが入っただけで
ドキドキしてしまったのでよいとしましょう。

なんだか骨抜きにされたので
手に力が入らなくなりそれが全身に蔓延して
昨日は少し日常生活に支障が出てたんですけど(リアルに)

妹(否定派)までもが「ピノコ可愛いな」とかいいはじめちゃいました
どうしよう

どろろちゃん扮する眉毛の太さでしか区別のつかない双子の話は
なんだかメインじゃないみたいな扱いでした
医療ヒューマンドラマなのに
これじゃ医療ラブ(危なめ)ドラマですよ。

どーんとびーあふれいど!
どんとこい!

|

« 女の子バトン | トップページ | たとえるならば »

アニメBJ感想」カテゴリの記事